パンカフェはぁと ラインナップその3

はぁとのパンは季節の食材を用いており、その時期しか提供していないものもあります。

今年も海の家をやります

昨年に続き今年も、県立大学生有志による海の家「古民家Beach House Re:rie(レリエ)」をオープンします。

現在、地元の世話役の協力を得て、設備の改修を進めています。

今年の海の家は...

営業時間:10:00~17:00

1.地元との交流イベント多数!

地元の皆さんとの交流事業をたくさん予定しています。

7月13日(金)津田住民交流会 18:00~
7月14日(オープンセレモニー 16:00~
7月15日(バーベキュー 17:00~
7月28日()サーフィン体験 13:00~
8月 4日()ビーチバレーボール
8月 5日()  〃
8月19日()TSUDA SUNSET LIVE 2018

海の学び舎 ← 小学生必見!!

2.飲食もパワーアップ!

好評だった焼きそばかき氷に加え、地元食材を用いた食べ物の提供も考案中です。

<フードメニュー>
・焼きそば 500円
・フランクフルト 300円
・チキンナゲット 300円
・焼き鳥 1本200円 4本500円
・かき氷(いちご、メロン、ブルーハワイ) 300円
<ドリンクメニュー> ※赤字はアルコール飲料
・レモネード 300円
・ミックスベリーソーダ 300円
・イタリアンソーダ(いちご、メロン、ブルーハワイ) 200円
ハイボール 400円
缶ビール 400円

3.サービス内容も充実!

建物をリニューアルし、快適にお過ごしいただけるようにしました。

<施設利用>
シャワー室&更衣室 1人200円
トイレ 無料

<レンタル>
浮き輪 500円
ビーチパラソル 500円
ビーチチェア 1,000円


情報は随時更新していきますので、Re:rieのFACEBOOKTwitterでチェックしてください。

LINE@の友達登録もお願いします。

自動車でご来場の場合、まず海の家の前で運営者(学生)に聞いてください。近くの駐車場を案内してもらえるかもしれません。

近くの駐車場が利用できない場合は、近くの駐車場をご利用ください。

なお、パンカフェはぁと営業時間外は駅前の駐車場(パンカフェの正面のみ)もご利用いただけます。

Category: 海の家

海の家Re:rie(レリエ)は、浜田市の島根県立大学の学生グループが運営しています。
また、海の家で開催されるイベントについても、県大生が主催しています。

この活動について、地元の自治会をはじめ安田地域づくり協議会などの組織も協力しています。

Category: 海の家

Load More

一般社団法人安田地域づくり協議会定款

第1章 総則

(名称)
第1条 当法人は、一般社団法人安田地域づくり協議会と称する。

(主たる事務所)
第2条 当法人は、主たる事務所を島根県益田市に置く。

(目的)
第3条 当法人は、自分達の住む地域をより良いものにするため、住民自ら地域の課題・目指すべき方向を共有し「住んで良かった」と実感できる地域づくりを目指すことを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
1 地域が抱える課題の共有や情報の発信
2 課題解決のための調査研究
3 まちづくりプランの策定
4 まちづくり活動計画の策定と事業実施
5 その他当法人の目的を達成するために必要な事業

(広告)
第4条 当法人の広告は、主たる事務所の講習の見やすい場所に掲示する方法による。

第2章 社員

(種別)
第5条 当法人の会員は、次の3種とし、、正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)上の社員とする。
(1)正会員 当法人の目的に賛同し入会した者
(2)一般会員 当法人が開催する各種イベントに参加するために入会した者
(3)賛助会員 当法人の事業を援助するために入会した者

(入会)
第6条 社員となるには当法人所定の様式による申込みをし、会長の承認を得るものとする。

(経費等の負担)
第7条 社員は、当法人の目的を達成するため、それに必要な経費を支払う義務を負う。
2 社員より、入会金及び会費は徴収しないものとする。

(社員の資格喪失)
第8条 社員は、次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
(1)退社したとき
(2)成年被後見人又は被保佐人になったとき
(3)死亡し、若しくは失踪宣言を受け、又は解散したとき
(4)除名されたとき
(5)総社員の同意があったとき

(退社)
第9条 社員はいつでも退社することができる。ただし、1ヶ月以上前に当法人に対して予告をするものとする。

(除名)
第10条 当法人の社員が、当法人の名誉を毀損し、若しくは当法人の目的に反する行為をしたとき、又は社員としての義務に違反したときは、社員総会の特別決議によりその社員を除名することができる。

(社員名簿)
第11条 当法人は、社員の使命又は名称及び住所を記載した社員名簿を作成する。

第3章 社員総会

(社員総会)
第12条 当法人の社員総会は、定時社員総会及び臨時社員総会とし、定時社員総会は、毎事業年度の終了後3ヶ月以内に開催し、臨時社員総会は必要に応じて開催する。
2.総会は、代議員の過半数をもって成立する。
3.総会は、次の事項を議決する。
(1)事業計画及び予算
(2)事業報告及び決算
(3)「まちづくりプラン」や「活動計画」の策定及び見直し
(4)定款、規約の改定
(5)理事、監事の選任
(6)その他、会の運営に関する重要な事項
4.総会は代議員をもって構成する。
(1)代議員は30名程度とし、公募によって選ばれた会員をもって充てる。
(2)代議員の任期は3年(最終年度の定時総会の終了まで)とする。但し、再任は妨げない。
(3)公募に対し定数を超えた応募があった場合は抽選とする。

(開催地)
第13条 社員総会は、主たる事務所の所在地において開催する。

(招集)
第14条 社員総会の招集は、理事が過半数をもって決定し、会長が招集する。
2 社員総会の招集通知は、会日より5日前までに各社員に対して発する。

(決議の方法)
第15条 社員総会の決議は、法令に特段の定めがある場合を除き、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席社員の議決権の過半数をもってこれを行う。

(議決権)
第16条 各社員は、各1個の議決権を有する。

(議長)
第17条 社員総会の議長は、会長がこれに当たる。会長に事故があるときは、当該社員総会で議長を選出する。

(議事録)
第18条 社員総会の議事については、法令の定めるところにより議事録を作成し、議長及び出席した理事がこれに署名又は記名押印し、社員総会の日から10年間主たる事務所に備え置く。

第4章 役員

(員数)
第19条 当法人に、次の役員を置く。
理事 3名以上
監事 2名
2 理事のうち、1名を代表理事とする。
3 代表理事を会長とし、理事のうち、2名以内を副会長とすることができる。

(選任等)
第20条 理事及び幹事は、社員総会の決議によって選任する。
2 代表理事、副会長は、理事会の決議によって理事の中から定める。
3 理事のうち、理事のいずれか1名とその配偶者又は3親等以内の親族その他特別の関係にある者の合計数は、理事総数の3分の1を超えてはならない。
監事についても、同様とする。
4 他の同一の団体(公益法人を除く。)の理事又は使用人であるものその他これに準ずる相互に密接な関係になる者である理事の合計数は、理事の総数の3分の1を超えてはならない。監事についても同様とする。

(理事の職務・権限)
第21条 会長は、当法人を代表し、その業務を執行する。
2 副会長は会長を補佐し、当法人の業務を執行する。

(監事の職務・権限)
第22条 監事は、理事の職務の執行を監査し、法令で定めるところにより、監査報告を作成する。

(任期)
第23条 理事の任期は、選任後2年以内の最終の事業年度に関する定時社員総会の終結の時までとし、再任を妨げない。
2 監事の任期は、就任後4年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時社員総会の終結の時までとし、再任を妨げない。
3 補欠として選任された理事又は監事の任期は、前任者の任期の満了する時までとする。
4 理事及び監事は、辞任又は任期満了後において、定員を欠くに至った場合には新たに選任された者が就任するまでは、その職務を行う権利義務を有する。

(報酬等)
第24条 役員の報酬等は、社員総会の決議をもって定める。

(取引の制限)
第25条 理事が、次に掲げる取引をしようとする場合は、社員総会において、その取引について重要な事実を開示し、社員総会の承認を得なければならない。
(1)自己又は第三者のためにする当法人の事業の部類に属する取引
(2)自己又は第三者のためにする当法人との取引
(3)当法人がその理事の債務を保証することその他理事以外の者との間における当法人とその理事との利益が相反する取引

(責任の一部免除)
第26条 当法人は、役員の一般法人法第111条1項の賠償責任について、法令に定める要件に該当する場合には、社員総会の特別決議によって、賠償責任額から法令に定める最低責任限度額を控除して得た額を限度として、免除することができる。

第5章 理事会

(構成)
第27条 当法人に理事会を置く。
2 理事会は、すべての理事をもって構成する。

(権限)
第28条 理事会は、次の職務を行う。
(1)当法人の業務執行の決定
(2)理事の職務の執行の監督
(3)会長、副会長及び業務執行理事の選定及び解職

(招集)
第29条 理事会は、会長が招集する。
2 会長が欠けたとき又は会長に事故があるときは、各理事が理事会を招集する。

(議長)
第30条 理事会の議長は、会長がこれにあたる。
2 会長が欠けたとき又は会長に事故があるときは、あらかじめ理事会で定めた順序により、他の理事が議長となる。

(決議)
第31条 理事会の決議は、決議について特別の利害関係を有する理事を除く理事の過半数が出席し、その過半数をもって行う。
2 前項の規定にかかわらず、一般法人法96条の要件を満たしたときは、理事会の決議があったものとみなす。

(議事録)
第32条 理事会の議事については、法令で定めるところにより議事録を作成する。
2 出席した理事及び監事は、前項の議事録に記名押印する。

(理事会規則)
第33条 理事会に関する事項は、法令又はこの定款に定めるもののほか、理事会において定める理事会規則による。

第6章 計算

(事業年度)
第34条 当法人の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの年1期とする。

(事業計画及び収支予算)
第35条 当法人の事業計画及び収支予算については、毎事業年度開始日の前日までに会長が作成し、直近の社員総会において承認を得るものとする。これを変更する場合も、同様とする。
2 前項の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しない時は、会長は、社員総会の議決に基づき、予算成立の日まで前年度の予算に準じ収入支出することができる。
3 前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。

(剰余金の分配の禁止)
第36条 当法人の剰余金は、これを一切分配してならない。

(残余財産の帰属)
第37条 当法人が生産する場合において有する残余財産は、社員総会の決議を経て、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条17号に掲げる法人又は島根県益田市に贈与するものとする。

第7章 附則

(最初の事業年度)
第38条 当法人の最初の事業年度は、当法人成立の日から平成31年3月31日までとする。

(設立時の理事、代表理事及び監事)
第39条 当法人の設立時理事、設立時代表理事及び設立時監事は、次のとおりとする。
設立時理事 澤江 佑三
設立時理事 渋谷 健吾
設立時理事 澄川 健治
設立時理事 大山 豊樹
設立時理事 島田 隆敏
設立時理事 尼子 達夫
設立時理事 岡田 忠久
設立時理事 大崎 純治
設立時代表理事 澤江 佑三
設立時監事 山崎 敏雄
設立時監事 藤井 俊治

(設立時社員の氏名又は名称及び住所)
第40条 当法人の設立時社員の氏名又は名称及び住所は次のとおりである。
島根県益田市遠田町
澤江 佑三
島根県益田市津田町
渋谷 健吾
島根県益田市津田町
澄川 健治
島根県益田市遠田町
大山 豊樹
島根県益田市遠田町
島田 隆敏
島根県益田市遠田町
尼子 達夫
島根県益田市遠田町
岡田 忠久
島根県益田市津田町
大崎 純治
島根県益田市遠田町
山崎 敏雄
島根県益田市遠田町
藤井 俊治

(法令の準拠)
第41条 この定款に定めない事項は、すべて一般法人法その他の法令によるものとする。)

一般社団法人安田地域づくり協議会名簿

1.役員

代表理事

澤江 佑三 (遠田町)

理事

渋谷 健吾 (津田町)

澄川 健治 (津田町)

大山 豊樹 (遠田町)

島田 隆敏 (遠田町)

尼子 達夫 (遠田町)

岡田 忠久 (遠田町)

大崎 純治 (津田町)

山崎 敏雄 (遠田町) ※監事

藤井 俊治 (津田町) ※監事

2.代議員名簿(2018年6月16日現在)

山崎 邦夫 (遠田町)

松崎 一 (遠田町)

大達 光徳 (遠田町)

大石 幸夫 (遠田町)

矢富 友彦 (津田町)

和田 誠 (遠田町)

山崎 達志 (遠田町)

野稲 民子 (遠田町)

秀浦 京子 (遠田町)

瀧山 哲夫 (遠田町)

野村 文三 (遠田町)

俵 正光 (遠田町)

三浦 省吾 (遠田町)

網本 陽輔 (遠田町)

村川 達吉 (遠田町)

田原 隆 (遠田町)

岩田 幸子 (遠田町)

潮 美由紀 (遠田町)

野村 秀人 (津田町)

野村 隆義 (遠田町)

中島 定幸 (遠田町)

佐々木 弘文 (津田町)

中田 定則 (津田町)

大石 タカ子 (津田町)

竹田 敏憲 (遠田町)

松崎 恵美子 (遠田町)

島田 久子 (遠田町)

山崎 静香 (遠田町)

山崎 秀子 (遠田町)

山崎 ゆりか (遠田町)

島田 文子 (遠田町)

佐伯 紀和 (遠田町)

田原 正人 (遠田町)

島田 憲和 (遠田町)

安達 正美 (遠田町)

見國 洋二 (遠田町)

部会長

渋谷 健吾(経済部会長)、岡田 忠久(福祉部会長)、大石 實(環境部会長)

会員(重複あり)

(経済部)

渋谷健吾、波田彰吾、島田久子、松﨑恵美子、石川毬子、山崎邦夫、山崎静香、山﨑秀子、山﨑ゆりか、橋本幸寿、澤江美代子、見國洋二、野村勇、大島務、矢富友彦、和田誠、福原真由美、渡辺孝也、城市倫久、前田賢龍、波田啓子、野稲民子

(福祉部)

岡田忠久、藤井俊治、田原修、佐々木白文、大石幸夫、若槻弘美、川本大輔、田原隆、山﨑廣雄、野稲勇、大﨑純治、澄川健治、野村豊、永戸守、福原宏、網本陽輔

(環境部)

大石實、山﨑敏雄、福原宗男、島田憲和、澤江佑三、大山豊樹、島田光代、伊藤晴美、佐々木俊彦、竹内幸夫、松崎一、大石素子、梅谷憲二、石川文雄、朝枝幹夫、大庭清、大崎純治

2018年4月までは旧名簿をご覧ください。

平成29年度安田地域づくり協議会活動報告

やすだ村ええもん市事業

H29.7.9(日) 出店:31名 来場:約300名

H29.10.15(日) 出店:25名 来場:約200名

H29.12.17(日) 出店:29名 来場:約300名


地域お助け隊事業

受注件数:74件

うち草刈伐採作業:45件

庭木剪定  :12件

墓地清掃  :3件

その他   :14件


史跡・遺跡整備事業

H29.6.25(日) 7:00~8.00 参加者:39名

H29.10.22(日) 7:00~8:00 参加者:29名


地域環境整備

H29.7.3, H29.7.15 7名

H29.8.10, H29.8.29 4名

H29.12.29, H30.1.7-9 6名

H30.2.2, H30.2.14 2名


地域の暮らしサポート実証事業

総務省の事業「地域の暮らしサポート実証事業」に参加しました。

・検討会およびグループワーク

・先進地視察研修(H29.12.7 参加者:11名 入間交流センター、波多交流センター)

パンカフェの専門スタッフ育成(研修)→継続事業

・JR石見津田駅の改修、パンカフェ運営→継続事業

・情報発信(ホームページ、看板敷設、協議会通信)→継続事業

・地域内買い物支援→継続事業